大阪のデリヘル嬢の恋愛事情について教えます

電話する女性

女の子が働きやすい女性経営者のデリヘル

デリヘルの業者によっては、経営者がやや特殊な事もあります。経営者の性別ですね。ほとんどのデリヘル業者は、経営者が男性です。しかし中には例外もあって、女性の経営者というデリヘル業者もあるのです。そして私は、そのようなデリヘル業者は女の子にとってはメリットが大きいと思います。女性の…

MORE

なぜ大阪のデリヘルは複数名の女の子を選ぶべきか

黒髪の女性

デリヘルを利用するのであれば、やはり女の子を選ぶことになります。たいていのデリヘルのホームページには、在籍女性という項目がありますね。そこを見て、自分好みの子を選ぶのが一般的です。

ところで選ぶ際には、1つコツがあります。1人の女の子に絞り込むのではなく、複数名の女の子を選んでおいた方が良いと言われています。

デリヘルには、出勤日時というものがあります。その出勤状況は、刻一刻と変動しています。このため自分が選んだ女の子が、たまたま在籍していない事もあるのです。他の男性が、その女の子を予約している事もあるでしょう。せっかく良い子を選んだのに、その子が出勤していないとなるとちょっと悲しくなってしまうと思います。

しかし複数名の女の子を選んでおけば、それも回避する事ができます。例えばデリヘル業者のホームページを見て、女の子AとBを選んだとします。そして女の子を指名しようとしたものの、あいにく予約済みだったとします。大いにあり得るケースですね。しかしその場合でも女の子Bならば予約が取れる可能性もあるでしょう。

ですのでデリヘルを利用する際には、1人だけでなく複数名を選んでおいた方が無難ではあります。これは実際に働くデリヘル店の社員の方が話しているアドバイスですので、その通りにしてみると良いでしょう。

財布からお金を抜くトラブルは本当にある?

「デリヘル嬢は、お客さんのシャワー中などの隙を見て、そして財布からお金を抜く」といったある種の都市伝説的な話はありますが、まあ都市伝説だとは言い切れない部分は大きいですね。

実際に私の知り合いも「お金を抜かれた?」と思われる被害に遭っていることですし、それにそもそもウソを言っているとは思えませんしね。けれども、やっぱりお客さんたちは、女の子がいるところで財布を確認しませんし、「あれ?」と、思っても泣き寝入りのケースも多いそうです。

しかし泣き寝入りはしない方がいいと思うのですよね。具体的にお店に訴えれば、疑いのある女の子としっかり対峙できるでしょうし、それに罪をあっさり認める女の子もいますからね。けれどもまあ実際に、そういった手癖の悪い子は、長く勤める女の子ではない場合も多いですので、悪さをした後はしばらく出てこない、もしくはそのまま出てこないという子もいるのでしょう。

私はデリヘル嬢で働いていたときに、明らかに「あれ?この子泥棒してる?」と思われる子には会いませんでしたが、しかし「デリヘル嬢の泥棒にあった!」と、訴えてきたお客さんに遭遇したことはありましたね。

けれどもしかして「因縁?」と、思われる感じでしたので、なんとも判断し辛いといった印象でした。とは言え、そのようなトラブルはないにこしたことはありませんので、財布は見られないようにしっかりキープでお願いしたいです。

コンテンツ一覧

ピックアップコンテンツ

TOP